施工例・手順・特長

施工例写真


道路トンネル補修

床版補修
トンネル覆工補強
トンネル覆工補強(はく落対策)
外巻き補強
外巻き補強(下水道幹線の老朽化対策)
地下鉄プラットフォーム下柱
地下鉄プラットフォーム下柱補強

施工手順(概要)

工法の特長

  1. 補強効果
    パネル内蔵の連続炭素繊維シートが鉄筋と同様に働き、コンクリートの曲げ性能および耐震性能を向上させます。
  2. 炭素繊維量
    要求される構造性能レベルに応じてパネルに内蔵する炭素繊維の量を調整できます。
  3. 品質安定性
    出来上がりの品質は、従来の貼付工法では連続炭素繊維シートのエポキシ樹脂含浸・脱泡作業の品質が現場環境温度や作業者の熟練度等に左右されますが、CFパネル工法では工場生産の為、これらの影響を受けず安定しています。
  4. 既設コンクリートとの一体化
    CFパネルをアンカーで固定後、エポキシ樹脂注入またはセメント系充填材により既設コンクリートと一体化します。
  5. 落下に対する安全性
    アンカーによる固定と樹脂の接着またはセメント系充填材の付着により、CFパネル落下の危険に対して二重の安全性を確保しています。
  6. 耐火性、耐候性
    CFパネル表面にフレキシブルボード(繊維強化セメント板:不燃材)を使用しているため、耐火性ならびに耐候性に優れています。
  7. フレキシブル性
    CFパネルはフレキシブル性があるため、構造物表面の形状(曲面など)に合わせて取付できます。
  8. 成形性
    CFパネルは加工性に優れているため、R加工のほか、矩形や円形、L型など構造物の形状に合わせて工場で加工できます。(CFパネル特殊品参照)
  9. 施工性
    CFパネルは軽量でハンドリング性に優れており、短い工期で施工できます。また、現場の状況に合わせてパネルの切断、加工等簡単にできます。
  10. 非導電性
    導電性がある連続炭素繊維シートは全てフレキシブルボードで覆われているため、導電の心配がありません。